• ホーム
  • モーニングアフターピルは病院で保険適用できるの?

モーニングアフターピルは病院で保険適用できるの?

残念ながらモーニングアフターピルは、保険適用になりません。
一部の低用量ピルは症状を緩和させるために低用量ピルを用いることで保険適用できるものもありますが、モーニングアフターピルは保険を使うことができません。
よってすべて自己負担になります。
病院に行く際は保険証を持っていかなくても処方される病院と、カルテをつくるときに必要とすることから保険証が必要という病院もあります。
病院によって対応が異なりますので、病院の指示に従ってください。

自己負担になりますが、モーニングアフターピルは10000円からになります。
従来のモーニングアフターピルは10000円からになり、従来のピルよりも進化したモーニングアフターピルであれば15000円からになります。
服用してはいけない持病を抱えている女性もいますので、診察を受けてから処方してもらってください。
またモーニングアフターピルを服用する際に間違った意味で服用する人もいます。
多いのは中絶薬として服用することです。
あくまでも妊娠を防ぐものであり、中絶をする医薬品ではありませんので、注意してください。

またどうしても病院は自己負担になるから抵抗があるという方は、個人輸入代行業者から医薬品を仕入れて手に入れるという方法もあります。
病院よりも格安になりますので、最近人気を集めている医薬品の入手方法ですが、医薬品になりますので副作用に注意しなければなりません。
医薬品は服用する際に、医師からの問診と診察を受けて問題ないのであれば処方されるといったものです。
妊娠を防ぐモーニングアフターピルですが、副作用が生じることもありますので、初めて服用する方は病院で処方して貰いましょう。