• ホーム
  • 妊娠回の為に使用する緊急避妊薬モーニングアフターピル

妊娠回の為に使用する緊急避妊薬モーニングアフターピル

モーニングアフターピルとは、緊急避妊薬です。
妊娠を回避したいときに使用するピルのことです。
モーニングアフターピルの飲み方についてですが、妊娠を回避したい緊急の事態が起こり、避妊を必要としたときに、そのときから72時間以内にモーニングアフターピルを2錠服用します。
そして、1回目の服用をしたときから12時間後に2回目の服用をします。
そのときにも2錠服用します。
そうすることで妊娠を回避し、避妊ができる可能性が高まります。

緊急避妊は、排卵を遅らせたり、着床を防ぐことによって妊娠を回避する方法になります。
ですから、妊娠が成立する前に行わなければなりませんので、特に2回目の服用については、12時間後に服用するということを認識し、時間を守って確実に服用するという注意が必要になります。
また、できるだけ早く1回目の服用をすることによって、妊娠を回避できる可能性が高まります。

モーニングアフターピルの服用後、個人差がありますが、早ければ3日後から出血がおこります。
この出血は「消退出血」といいます。
消退出血とは、ホルモンの調節をして、子宮内膜を剥がしたことによる出血のことを指します。
生理も剥がれた子宮内膜による出血ですが、自然によるものなのか、モーニングアフターピルなどのピルによるものなのかを区別するために消退出血と呼びます。
この消退出血があったことにより、妊娠を回避し、避妊が成功したことの証となります。
消退出血の量は、排卵日によっても左右されるものです。
モーニングアフターピルの服用が排卵日の直後であった場合は、剥がれおちる子宮内膜が少ないので、出血量が少なく、排卵日から日数が経過していれば、普段の生理と同量程度の出血があります。